母体と胎児のために葉酸は不可欠

妊娠時には母体の健康および胎児の健やかな成長のために必要な栄養がたくさんあります。
中には普段よりも多く摂取しなければならないものもあります。

その代表的な栄養素のひとつが葉酸です。
葉酸は胎児が胎内で成長する際の細胞育成の役割があり、不足してしまうと細胞を十分に作ることができなくなってしまうからです。
その結果神経管閉鎖障害のリスクが高まり障害を持って生まれたり、下手をすると死産にもなりかねません。

葉酸は妊娠時に不可欠な栄養だけれども…

葉酸はその名称から想像できるようにホウレンソウやモロヘイヤなどの葉物野菜に多く含まれているほか、納豆やレバー、うなぎの肝、日本茶などにも含まれています。
決して特殊な栄養素ではないので普通に食事をしていればある程度は摂取できるのですが、妊娠中は普段の約2倍近くが必要となります。
さらに問題なのが葉酸は水に溶けやすく加熱に弱いので体への吸収率が悪い点で、調理の際に約半分程度は失われてしまうのです。
例えばホウレンソウ100gには210μgの葉酸が含まれますが、水で洗ったり加熱すると半分に減ってしまいます。
成人の1日に必要な葉酸の量は240?ですが妊娠中はその倍近くの400μgが必要ですから、結局400gほどのホウレンソウを食べなければならないということになるのです。
でもこれって現実的な量じゃありませんよね。

葉酸サプリで手軽に必要量を補給しよう

したがっておすすめするのが葉酸サプリを摂取することです。
厚生労働省でも240?で不足する葉酸はサプリで摂取することを推奨しています。

葉酸をしっかり摂ることで神経管閉鎖障害のリスクが減るだけでなく、胎児の器官や臓器なども正常に生育してくれるでしょう。
また胎児だけでなく、母親の身体や健康へのよい効果も期待できます。
妊娠中は母体内の葉酸は胎児が多く消費するのでどうしても母親の葉酸が不足し悪性貧血が起こりがちですが、多めに葉酸を摂ることでこういった症状も改善されるのです。
さらには出産で傷ついた身体の機能や体力の回復にも葉酸は大きな役割を果たすだけでなく、造血効果があるので血液から作られる母乳の質を高めてくれるなど出産後の母体にも必要な栄養素なのです。

身体の条件を整えるために妊娠前から葉酸サプリを摂り始める人も多いのですが、妊娠してからはじめてももちろん遅くはありません。
葉酸サプリにはその他の妊活に必要な栄養素も配合したものもたくさんあるので、使用する際には妊娠時に不足しがちなミネラルやビタミンも含まれるサプリを選ぶことをおすすめします。